カテゴリ:映画( 31 )
そのときは彼によろしく
映画、「そのときは彼によろしく」の試写会に行ってきました。

原作は「今、会いにいきます」の市川拓司さん。

主演は今をときめく長澤まさみ


あらすじは

幼なじみと誓い合った夢だったアクアプランツ(水草)の店「トラッシュ」を開店した
智史(山田孝之)の前に、ある日突然、元・トップモデルの鈴音(長澤まさみ)が現われる。
とまどう智史だったが、鈴音との奇妙な共同生活を始める。
だが実は彼女は智史の幼なじみ・花梨その人だった。
遅れ馳せながら13年ぶりの再会を喜びあう智史と花梨。

ただ、2人はもう1人幼き日の親友がいた。
画家になると約束していた佑司(塚本高史)だ。
町を出てから音信不通だった佑司の居場所がまもなく判明する。

2人は佑司に会いに行くが、再会した佑司は交通事故に遭い昏睡状態だった。
そして時を同じくして明らかになっていく花梨の秘密。

花梨は小さい頃からある病気を抱えていて、自分の死期が近い事を悟って智史に会いにきたのだ。
だが花梨はいつ目を覚ますかわからない佑司の元に残るという。
町の駅で離れ離れになる智史と花梨。
そしていつしか目を覚ます佑司、本当の事を知る智史、それと同時に姿を消す花梨。

それぞれの物語の結末は…?


こんな感じで、

現代の話と過去の話がクロスしながら展開していくんですが、
3人の子供時代を演じている子役がめっちゃイイ♪
演技うまいっ!ここで泣ける人は号泣でしょう♪

花梨役の黒田凛チャン。
智史役の深沢嵐クン。
佑司役の桑代貴明クン。
中でも光っているのが黒田凛チャン!
私はこの子の演技に何度泣かされた事か・・・?
帰りに鼻が詰まって、口で息してましたからねっ!(汗)

その分現代の3人の姿になると、なんだか…(^_^;)
それに長澤まさみが意外と大きいっ!
山田孝之と抱き合うシーンがあるんですが、身長差が気になってしまった私・・・


ラストシーンはけっこう好きだったけど、突っ込み所満載でした。
あまりにうまくまとめすぎ???

智史の父親役の小日向文世さんの演技はみててほっとするんですよ!

そしてこのタイトル、けっこう深いです。

私はキライじゃない映画だったけど、突っ込みドコロは多いので、
意見が分かれそうな映画かも?

原作とはラストが違うらしいので、また原作も読んでみないと・・・
[PR]
by active-tin | 2007-05-28 23:30 | 映画
ブラッドダイヤモンド
今日は「ブラッドダイヤモンド」の試写会に行ってきました。

レオナルド・ディカプリオがゴールデングローブ賞にノミネートされた
作品でもあり、どんなのかとても気になってました。

共演はジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー。
監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック監督です。
この方の映画はどれも上映時間が長いの?
ラストサムライも長かったし、今回のブラッドダイヤモンドは2時間23分。
でも映画の長さは感じさせない、とってもいい映画です。


ちょっと長文になってしまったので、興味のある方だけ呼んでくださいね♪

共演のジャイモン・フンスーの事も初めて観たような気がしてましたが、
多々映画に出演されてます。
それにアフリカ出身だそうです!



ダイヤモンドという宝石は希少で高価かつ透明に輝くピュアなイメージで、
世界中の女性の憧れとされてきました。
しかしその一方、採掘現場では奴隷同然の過酷な労働がまかり通っていたり、
一部はテロリストたちの資金源でもあるという闇の部分も厳然と存在する。
ダイヤモンドの原産地のほとんどで内戦など武力紛争が起きているのは、
もちろん偶然ではないんです。



ダイヤの価値を決めるのは色(color)、カット(cut)、透明度(clarity)、カラット(carat)
しかし、5つめのC(conflict)争いが存在することを知りますっ!



あらすじは

クリントン大統領のスキャンダルが明らかになった90年代、アフリカの小さな国、シエラレオネ(これはこの地域が高品質なダイヤ産地なんですって)。

貧しい猟師ソロモン(ジャイモン・フンスー)の村は反政府過激派のRUF=統一革命戦線に
襲われる。家族散り散りとなり、ソロモンは捕らえられ、
奴隷としてダイヤモンド採掘場に送られる。
なんとしても家族の元へ戻りたい彼は、そこで偶然見つけたおよそ200カラット(おそらく時価数億円)のピンクダイヤの原石を、監視の目を盗んで懐に入れる。

ひょんなことからこのダイヤの存在を知った密輸商人のアーチャー
(レオナルド・ディカプリオ)は、ダイヤと交換に彼の家族を探し出すと申し出る。
彼の頭には、そろそろこの世界から足を洗いたいという気持ちがあったのだ。
アーチャーは、有能な女ジャーナリスト(ジェニファー・コネリー)にダイヤ密輸のノウハウという特ダネを渡す事と引き換えに、正規の報道パスの力で二人を紛争地から脱出させるよう頼む。

こんな感じで話は続いていきますが、すごく考えさせられる映画です。

レオ様も何年か前までは坊ちゃんっぽかったのに、
こんなにワイルドな役も出来るようになったんだな~って思いました。
ブラピがもう少し若かったら、この役はブラピだったりして・・・



現実にもこの国はアフリカ最大の密輸国となっており、
ダイヤを狙う紛争が絶えない。また、世界でもっとも平均寿命の短い国としても知られていて、すべては密接につながっている。

紛争ダイヤはある方法で正規の流通ルートにのり、
私たち先進国の消費者の手にわたるわけだが、
そうしたショッキングな現実についても映画はきっちりと説明しています。
世界トップクラスのダイヤ消費国である日本人としては、決して他人事ではないです。

それと、主人公のレオ様が自分の出身地をローデシアだと語る場面。
ローデシアとは今のザンビアとジンバブエのあたりの事だが、なぜ彼はジンバブエといわずにローデシアというのか。そこがポイント!!!

ローデシアとは、白人たちがローズという男性の名からとって名づけた国名なのだが、
このローズとはいったい誰なのかというと、
全世界のダイヤモンドの流通を長年独占し続けてきたD社(映画の中では仮名が用いられる)の創始者セシル・ローズに他ならない。

表向きはどうあれ、ブラッドダイヤモンドで一番儲けてるのは誰なのかを、
この映画はここでさりげなく匂わせている。

アフリカでは小さな子供までも銃を持ってるんですよ。。。
特に少年たちをさらい恐怖と暴力と薬漬けで洗脳して、
兵隊に育て上げる話には、身の詰まる思いをしました。



この映画を観た後の自分が違うものになっててほしいと思って、
この映画を作ったのかな?って思いました。

とっても残虐なシーンが多いけど、観てよかったなと思える映画です。


それに、この映画を観るまではダイヤの事、ほとんど知らなかったな~、
簡単にダイヤを欲しいっ!とか言うべきではないですね!
って言っても持ってないけど・・・・(笑)


是非みんなに観てほしいですっ!
[PR]
by active-tin | 2007-04-04 23:00 | 映画
バッテリー
映画「バッテリー」をみてきました♪

原作も全然知らず、主役のコも映画初挑戦、なーんて映画だったので、
はっきり言って期待していませんでしたが・・・・(^-^;


あらすじは

巧(林遣都)は12才の野球少年。小学生の頃からピッチャーとして活躍し、
その腕に絶対の自信をもっていた。
 中学生になった巧は岡山・新田市に引っ越すことになり、
そこで豪(山田健太)という同級生のキャッチャーと出会う。
豪は巧の見事なピッチングに感銘し、「バッテリー」を組むことを意識するようになる。
 ところが、中学校の野球部に入部してまもなく、
巧は指揮の仕方をめぐって監督と衝突してしまう。
さらに、豪との足並みも乱れ、巧は少しずつ孤立していく ・・・。


主人公の原田巧、永倉豪の2人もとても良かったし、なんせ、巧役のコがめっちゃキレイな
お顔で色白なの!野球部のコって色が焼けてるコが多いはずなんだけどね~・・・
豪役のコの笑顔がこれまたとってもイイ♪本当に野球部でキャッチャーしてるんだって!

周りの友人、病弱の弟、また病弱の弟を溺愛する母、
母の実家に居候していて少々遠慮がちな父、
またおじいちゃん等、色んな人達の愛情が溢れていて、
岡山の自然も気持ちよく、いい作品でした♪
時よりプププって感じの笑えるところアリ♪

野球にあんまり詳しくなくても、青春時代を思い出せるような映画で、
でもイジメの問題なども組み込まれてます。

いや~ここ最近の邦画は当たりが多いけど、
ほんとにヒットですっ!
是非、観にいってほしいです!!!


観にいかれる方は、エンドロールが出てもまだ終わりじゃないので、
最後まで席を立たないでくださいまし♪
[PR]
by active-tin | 2007-02-27 23:26 | 映画
蒼き狼 地果て海尽きるまで
映画、「蒼き狼 地果て海尽きるまで」をみてきました。

だいぶ前に観たんだけど、なかなかブログにアップできなくて・・・

今回の試写会はなんと舞台挨拶つき♪

原作者の森村誠一さん、角川映画なので、角川社長、
反町隆史、若村麻由美、Ara、平山だれだっけ?忘れちゃった・・・(汗)
と豪華なメンバーの舞台挨拶があったので、ワクワクドキドキでした♪

いろんな制作秘話とかも聞けたし、反町くん、格好よかったですっ!

原作は森村誠一「地果て海つきるまで 小説チンギス汗」


チンギス・ハーンの話、あんまり知らなくて歴史も弱い私でも楽しめた映画でした。
なんせ、スケールがすごいんですよ!
CGを使わずにあれだけの馬を用意したりするの大変だったろうな~
しかし、制作費30億円って、どこに使ったの?って感じはあったけど・・・

実際にモンゴル軍兵士5000名は、全員が馬に乗り、戦っている。
つまり馬も5000頭いてたならほんとすごい!

砂煙をあげて、広大な草原を走ってくる騎馬隊は、
霧に煙る中を走っているかのように、幻想的で、美しいとすら思える。

しかし、菊川 玲がなんでこの映画に出てるのか?
みんな演技がうまいのに、一人だけ棒読みっ!
もっとほかにもいてそうなのにな~・・・
それだけが残念っ!




あらすじは
800年前のモンゴル建国の英雄チンギス・ハーン。

モンゴル部族の長の息子として生まれ、彼らの始祖‘蒼き狼‘の生まれ変わりとして
大事に育てられたテムジン(のちのチンギス・ハーン)は、
14才で父親を対立する部族に殺されると、部下たちからは手のひらを返したように、
見捨てられてしまう。

実はテムジンの母親(若村麻由美)は、別の部族から略奪してきた女だったのだ。
テムジンは自分が‘蒼き狼‘の血を引く、父との子供であることを照明すべく、
残された家族を守り、必死で頑張ってモンゴル部族を復興させるのだった。

大人になったテムジン(反町隆史)は、かねてからの許婚(菊川玲)と結婚し、
部族は次第に大きくなっていくが、敵の部族に妻を略奪されてしまう。

10ヶ月後、やっとの思いで最愛の妻を取り戻すと、彼女は身ごもっていた・・・・・
再び繰り返される宿命に、苦悩するテムジン。

やがて17歳に成長した息子ジュチ(松山ケンイチ)を過酷な任務に追いやる父テムジン。
父の子ではないから、愛されていないのではないかと苦しむジュチ。
自分の運命と重ね合わせて、心を痛めるテムジンの母と、妻。

私は、あなたの息子として死ねるでしょうか?って話です。



父と息子をテーマにした内容の映画ですが、

息子を想う父の気持ち、父を愛する息子の気持ち、
しかしそれがすれ違ってお互いに伝わらない苦悩がなかなかよかったです。

父を心配させまいとする息子の嘘。
息子の愛に気付かず、「昼間からダラダラ寝ているんじゃない!」と布団を剥ぐと、
そこにいた息子は・・・・・
そして、息子の手に握られていたのは・・・・・

あ~この壮大なスケールの映画は映画館で観たほうがいいと思います♪




でも、私は好きな映画に入りますっ!
[PR]
by active-tin | 2007-02-15 21:54 | 映画
ドリームガールズ
今年初の映画は、「ドリームガールズ」でした♪


ほんとは、いろんな映画を何本も観る機会があったんだけど、
まだ、ティンの妹のひめがうちに来てそんなに長い間の留守番をさせる事に
不安があったので、よほどの用事がない限りは仕事からまっすぐに
帰ってましたが、だんだんおりこうにお留守番出来るようになってきたので
仕事帰りに試写会に行ってきました♪


アカデミー賞8ノミネートだけある、大作!
ミュージカル調だけど、こんなにイイ映画あったかな?
なんて思うくらい、感動しましたよん♪

何がいいって?もちろん歌ですっ!
帰ってきてすぐにサントラ盤を注文しまして、今も聴きながら
ブログを書いてるところです♪


この映画のモデルになったのは、ダイアナ・ロス率いるシュープリームス

主役のビヨンセはこの映画に出るために10キロのダイエットをしたらしい・・・
めちゃカワイイですよ~♪スタイル抜群だし・・バービー人形みたいなカラダなんです!
もしかして、CGとか使ってるのかな?って思うくらいです!

ビヨンセの歌は聴いたことのなかった私ですが、こんなに歌がうまかったなんて
知らなかったよ~♪

今回新人のジェニファー・ハドソンの歌に圧倒されました。
とにかく、凄い充実感でした!

あらすじは

簡単に言うとサクセスストーリーですが、そこにたどりつくまでの
葛藤など、いろいろをミュージカル調で歌などで表現してます。

いや~これはDVD買ってしまうだろうな~・・・
ってそれほどまでによかったってことです♪
是非映画を観ようと思ってるかたは、サントラ盤をゲットしてから
予習していきましょう♪
そしたら、もっと楽しめます!

私は予習しなかったので、今、復習してますが・・・(笑)
[PR]
by active-tin | 2007-02-02 22:40 | 映画
シャーロットのおくりもの
先日、「シャーロットのおくりもの」の試写会をみてきました。

d0048067_22535939.jpg


天才子役と言われる、ダコタ・ファニングちゃんが出演してます。


あらすじは・・・

とある牧場で11匹の子ブタが生まれるが、母ブタのお乳は10個しかなく、
一番末っ子のブタはなかなかお乳にありつけず、未熟児となるのをみて
牧場の父は斧で殺そうとするが、牧場の娘ファーンは、
子ブタにウィルバーという名前をつけて可愛いがっていた。
ウィルバーは様々な動物たちに囲まれ成長していくが、
やがてはクリスマスのテーブルに乗る運命。(ハム)

“その時”が近いことを知り、怯えるウィルバーを励ましたのが、
納屋に棲むクモのシャーロットだった。

シャーロットはまるで母親のような愛情でウィルバーを包んでいく。

生きている者同士、ファーン、ウィルバー、シャーロットが育んでいく美しい友情。

そしてシャーロットは命の尊さを人間たちにも伝えるため、思いを込めたメッセージを糸で自分の巣に浮かび上がらせる。やがてみんなの元に訪れる奇跡の“おくりもの”とは…。


こんな感じで、ファンタジーほのぼの系の映画ですが、
これもまたアメリカでは児童文学で教科書に載ってるような原作なので、
命の大切さ等をすごく感じさせてくれるものに仕上がってます。

ダコタ・ファニングちゃんが主役???
いや、ブタ、クモ、ネズミが主役です!!!

ここ最近、命の大切さを教えてくれるような映画が多いな~・・・

内容は先がすぐに見えてしまうようなストーリーだけど、
私はウルっときてしまった。
子供がいてたら、是非、家族でみてほしい作品です♪
[PR]
by active-tin | 2006-12-15 22:42 | 映画
犬神家の一族
今日は「犬神家の一族」の試写会に行ってきました。

なんといっても、すごい豪華メンバーな顔ブレの映画ですもんっ!
期待していきましたよ~・・・・


っで、あらすじは・・・


製薬王といわれた信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛はある遺言状を残して永眠した。
佐兵衛には腹違いの3人の娘、松子、竹子、梅子がおり、
それぞれに佐清、佐武、佐智という息子がいた。
さらに犬神家屋敷には、佐兵衛が地盤を築く上で世話になった大恩人の孫娘・野々宮珠世も住んでいた。
残された遺言状が一族の不吉な争いの元凶となることを予期し、
遺言を管理する法律事務所の若林は金田一耕助に調査を依頼する。
しかし若林は、金田一との対面の直前、何者かに殺されてしまう。

やがて公開された遺言状は、“3人の孫、佐清、佐武、佐智のいずれかとの
結婚を条件に、犬神家の全財産を珠世に譲渡する”という驚愕の内容だった。
血で血を洗う争いに一族を駆り立てるかのごとく仕組まれた遺言状に、
遺族は騒然となる。そして若林が危惧した通り、巨額の財産と、
その鍵を握る珠世をめぐり、凄惨な殺人事件が次々に発生する。

と内容はこんな感じなんですが・・・



私の意見はですね、2時間ドラマサスペンス?
いや?コメディ?

怖い映画と思っていたのは気のせい?

なんか笑ってしまうようなところが多かったのと
白いマスクで笑ってる顔は不気味で、
映画が終わって帰るときに、自分の車に乗り込むときに
そのマスクっぽいのが車にうつってて、(それは気のせいだった)
それが気持ち悪くて、運転中に何度もバックミラーで確認してしまいました!(爆)

そうそう、映画はですね、わざわざ観にいかなくても、
ビデオで十分のような気がしました♪
[PR]
by active-tin | 2006-12-06 22:10 | 映画
硫黄島からの手紙
「硫黄島からの手紙」をみてきました。

父親たちの星条旗との2部作で、今回は日本からみた戦争。

前にみた父親たちの星条旗とは少し感じが異なり、CGが少なく
あんまりお金がかかってない地味な感じの映画にまとまっています。

しかし、今回のキャスティングがイイ!

渡辺謙さんもいいんだけど、今回は嵐の二宮君が主役?と思わせるほどの
演技力。
ジャニーズをバカにしてはいけませぬっ!!!
クリント・イーストウッドが二宮君の演技を褒めまくる気持ちがわかりました。

あらすじは、硫黄島での戦争。

何を言いたいか???



戦争をしてはいけないって事。



アメリカ人も日本人も同じように苦しんでたという事がわかった
この2本の映画。
胸にズンときて、考えさせられるけど、観てよかったな~って思える作品です。

ほんとは死にたくないのに、自決しないといけない人たちが
いっぱいいたこの時代の人たちが、今の若者たちがいじめなどによって
自殺する人が後をたたないことを知ると、どんな気持ちになるでしょうか?

簡単に生きることをやめないで欲しいと思います。
[PR]
by active-tin | 2006-11-29 22:23 | 映画
007 カジノロワイヤル
007 カジノロワイヤル」をみてきました。

007シリーズを観たことのない私だから、こんなにハマったんでしょうか?

最初の任務は、自分の愛を殺すこと。

遂に明かされる、007への危険で過酷な道のり・・・・
これは、若きジェームス・ボンドが“007”になるまでの物語である。


あらすじは


世界最長を誇る大ヒットシリーズ21作目にして遂に明かされる、
007になるまでの“人間ジェームズ・ボンド”。
私たちが始めて出会うのは、危険を恐れないタフで向こう見ずな強さと、
任務に迷い愛に揺れる純粋さをあわせ持つ、若きジェームズ・ボンドだ。
果たして、その後の彼の人生を決定づけた危険で過酷な“最初の任務”とは?
そしてボンドの過去に隠された、決して忘れられない“運命の女”とは?

いや~おもしろかった!

どこが?って、それはストーリー自体が2時間20分の長さを感じさせない
ものになってて、テンポもあるし、今回主役のボンド役、ダニエル・クレイグも
悪役っぽい顔なんだけど、そこがまたいいんです。
鍛えあげられたボディもすごいし、ボンドガール役のエヴァ・グリーンも
めっちゃキレイ♪

今まで007シリーズ観たことないんだけど、他のシリーズも
観てみたいな~って思いました。
[PR]
by active-tin | 2006-11-28 22:33 | 映画
ありがとう
今日は映画「ありがとう」を観て来ました。

この映画は阪神大震災で被災したプロゴルファー、古市忠夫さんを主人公にした
平山 譲さんのノンフィクション小説、「ありがとう」が原作です。
この映画の主役は赤井英和さん、奥さん役に田中好子さん。

あらすじは


神戸市のとある商店街でカメラ店をしていた時に被災し、友も家も財産も失った。
もともと地元消防団のボランティア活動をしていた古市さんは街の復興のために
奔走する一方で、自らプロゴルファーを志し、還暦を目の前にしてプロテストに合格した。
話はよくある話かもしれませんが、

勇気と感謝の気持ちを忘れてはならないっ!

いつも感謝の気持ちを忘れる私としては、とてもイイ映画だったと思います。

大阪に住んでる私は、阪神大震災のこともよく覚えてますし、
すごく感慨深いものがありました。
ところどころ泣いてしまいましたっ!
泣いてる人がかなり多くて、終わったあとは、会場から拍手が・・・

関西に住んでる方は阪神大震災のことをよく覚えてると思います。
是非とも家族で観て欲しい映画です。
[PR]
by active-tin | 2006-11-13 22:21 | 映画