バッテリー
映画「バッテリー」をみてきました♪

原作も全然知らず、主役のコも映画初挑戦、なーんて映画だったので、
はっきり言って期待していませんでしたが・・・・(^-^;


あらすじは

巧(林遣都)は12才の野球少年。小学生の頃からピッチャーとして活躍し、
その腕に絶対の自信をもっていた。
 中学生になった巧は岡山・新田市に引っ越すことになり、
そこで豪(山田健太)という同級生のキャッチャーと出会う。
豪は巧の見事なピッチングに感銘し、「バッテリー」を組むことを意識するようになる。
 ところが、中学校の野球部に入部してまもなく、
巧は指揮の仕方をめぐって監督と衝突してしまう。
さらに、豪との足並みも乱れ、巧は少しずつ孤立していく ・・・。


主人公の原田巧、永倉豪の2人もとても良かったし、なんせ、巧役のコがめっちゃキレイな
お顔で色白なの!野球部のコって色が焼けてるコが多いはずなんだけどね~・・・
豪役のコの笑顔がこれまたとってもイイ♪本当に野球部でキャッチャーしてるんだって!

周りの友人、病弱の弟、また病弱の弟を溺愛する母、
母の実家に居候していて少々遠慮がちな父、
またおじいちゃん等、色んな人達の愛情が溢れていて、
岡山の自然も気持ちよく、いい作品でした♪
時よりプププって感じの笑えるところアリ♪

野球にあんまり詳しくなくても、青春時代を思い出せるような映画で、
でもイジメの問題なども組み込まれてます。

いや~ここ最近の邦画は当たりが多いけど、
ほんとにヒットですっ!
是非、観にいってほしいです!!!


観にいかれる方は、エンドロールが出てもまだ終わりじゃないので、
最後まで席を立たないでくださいまし♪
[PR]
by active-tin | 2007-02-27 23:26 | 映画
<< ワルさ ムンクの叫びシリーズ >>